悩みによって占いを変えよう!鑑定の種類について

占術の方法は沢山ありますが、大まかな種類は「命・卜・相」の3つです。
それぞれ、過去や未来までの運勢を占うために使用します。
また、個別に得意な占いがあるため、悩みによって変えてみるのが良いです。

命は生年月日から運命や性格を知る

命は、相談者の生年月日や出生時から、運命や性格が判断出来ます。
生年月日で個人を特定するものなので、動物占いや占星術などが特徴的です。
自身の進路や相性診断にも使うこともあります。

過去から未来という幅が広いものであるため、現状や身近な出来事を知りたいときには不向きです。
さらに、運命は固定されているので、変化するものは苦手となります。
遠くの未来に対しての備えたいときに使うと、効果を十分に発揮するものです。


卜は選択がある場合に効果的

卜(ボク)は、命とは反対に、相談者の選択肢に対して背中を押すようなものです。
例えば、タロット占いや夢占いなどが挙げられます。
そのときに出した答えが、近未来の出来事を指します。

あくまでも、現状から近未来までの幅が狭い範囲でしか占うことが出来ないのが、卜の特徴でもあります。
二者択一か、選択肢が複数ある悩みの場合などに占断することで上手く使うことができます。

目に見えるもので占う相

相はよく聞くのは手相占いや人相占いなどですよね。
前述した2つはまだ見えないものに対して、相は見えているものを看命します。
風水や奇門遁甲なども、このカテゴリに当てはまります。

これも現在に対して未来を変えるための占術法です。
卜との違いは、自身の行動で変えやすい点にあります。
例えば、風水は間取りから物を変更するだけでも結果を変えることもできます。
他にも蠍座今日の運勢占いなども人気です。

得意・苦手なものを考慮して

悩み事は1つで終わる場合もあれば、3つ全てを占ってみなくては十分ではないこともあると思います。
特定の悩みであれば該当するカテゴリで占う方が良いですが、得意・苦手なものを種類ごとに把握しておくと、運勢を占いやすいです。

△PAGE TOP